現在開催中のキャンペーン|駿河屋
福袋 | 駿河屋

2018年11月30日

私の頭の中の消しゴム



先に評価「3・2」で。

感動はあまりない。涙も流さない。
その理由について書くわ。

男が乱暴すぎて引く。
元彼氏が家で嫁さんと話しただけで半ごろしにするんだぜ。
二人が好きになった理由が「外見」だろ。
まあ、確かにそれも大事かもしれないけどさ。軽いんだよね。

今テレビでやってる「大恋愛」ってあるじゃん。
あれは「好きな小説家だから」、「何度もアプローチされて、かわいく見えてきたから」みたいな理由があるんだわ。
二人ともそこそこいい歳で、美男美女ってわけでもないし。
だから親近感があるのね。感情移入できるわけ。


出会いのきっかけがあまりいい感じでない。
コンビニね、ラストシーンでのコンビニはギャグかとw

ラストの手紙はなんで出せたの? って感じだったわ。
あれって代筆なのか? ポスト投函したのも本人?
書いた理由もわからん。探さないでって書いときながら、住所書いてんだろ。
あと、記憶戻ったの? 最後のほうって排泄もできないし、服も着られないぐらいの状態だったはずなのに、普通になってるんだわ。一時的な回復? どうもあやふやなまま終わった感じがするぜ。BGMでごまかした?

男が思い出し怒りで、手を自傷する。

男がお姫様だっこしすぎる。

男の最初のワイルドさは良かったが、次第に薄れていく。
女に魅力を感じない。ちょっとかわいい金持ちのお嬢様設定。
うん、女の魅力がねーわ。男に甘えてる感、父親に甘えてる感が強すぎて、好きになれない。


――というツッコミはあるが、まあまあ楽しめた。悪くない。
だが、同じ韓国映画なら「オールド・ボーイ」をオススメする。
記憶系の恋愛映画なら「50回目のファースト・キス」のほうが面白くて、後味もいいな。

俺の一番好きなところはトランプのシーンだ。
「犬でも当たるよ。○○にはおかず代の1000ウォン、○○にはタバコ代の1000ウォン。稼いでね〜、賭けてね〜」
みたいなシーンが4回ぐらい出るんだわ。
あれ、めっちゃ好き!

リズム感があるんだよ。あれ聞いてて楽しいわ。俺もやりたくなった。


まとめ
私の頭の中の消しゴムは「犬でも当たるよ〜」のシーンに注目すべし!

posted by アンシン君 at 10:55| Comment(0) | 映画感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

またの.jpg
1,500円以上のお買い上げで送料無料!通販ショップの駿河屋