現在開催中のキャンペーン|駿河屋
福袋 | 駿河屋

2018年12月31日

ITイット“それ”が見えたら、終わり。



恐ろしく、つまらん映画だった。
見どころが一つもないというのは珍しい。

最後らへん、ピエロへのリンチ動画になってる。
子どもらのほうが怖く感じたわ。

ピエロが怖くない。首を高速で左右に振ってるだけw
画質がきれいで、CGもきれい。
うん、作品に合ってないわ。

ゾンビ出てくるのが不明。
画面が暗くて、よく見えない。

ピエロが小学6年生ぐらいのガキにやられる。
物理攻撃が有効。強さがよくわからん。

最後、恋愛要素いらんやろ。

前作は大人に成長して集まるのがいい感じなんだよ。
これ1章みたいだけど、2章で大人になって集まるのか?
このクオリティだと、全然楽しみじゃないんだが。

前作のあのワケのわからん蜘蛛が好きなんだけどな。
また出てくるのかな。


まとめ
不気味さがない。子どもだけでピエロ退治するので迫力がないわ。
バーベルみたいなんでバシバシ叩いてもな。
こんなのでダメージあんのかい。
子どもがピエロとじゃれてるだけに見える。

評価1でいいだろ。
前作のほうが絶対いいわ。

posted by アンシン君 at 03:13| Comment(0) | 映画感想

2018年12月20日

ライト/オフ



めっちゃ面白ない。
久しぶりの駄作だぜ。
評価「1・5」ぐらいでいいんじゃね。

音で驚かすのやめてほしいわ。
肝心の怖いシーンではカメラの切り替えが速すぎて、ほとんど見えない。
画面も真っ暗だからほとんど見えない。
とにかく見えない。
見えても手だけとか。
怖さはまったくない。突然、音量が上がることぐらい。

家族全員の考えがおかしい。
光に極端に弱いんだから、なんとでも対策できただろ。
スマホのライトにもビビるぐらいなんだぜ。

「ママを助けるー!」
「わたしが助けに行くから、外で待っていなさい」
……お前も外に出ろや。
拳銃ぶっ放す警官も負けるぐらいなんだから、勝てるわけないだろ。

ラストなによ?
ネタバレになるが、神様とピッコロネタかよ。なんやねん、これ。誰が納得すんねん。

というわけで面白いのは最初の5分、父親がやられるシーンぐらいかな。
ネタは面白そうなんだけど、演出があかんわ。
レンタルでも借りたくない。
これならヴィジットのほうが絶対おもろいわ。

posted by アンシン君 at 03:00| Comment(0) | 映画感想

2018年12月06日

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル



面白い感じの、どんでん返しだった。
後味も悪くない。特に最後が良いね。
最後まで飽きずに観れた。また観たいと思う。
評価は3・6でどうでしょうか。

この映画と比べたら俺の小説なんぞ、クソみたいなもんだぜ。

posted by アンシン君 at 05:20| Comment(0) | 映画感想

2018年12月02日

戦国自衛隊(1976)



まあまあ良かった。
余裕で最後まで飽きずに観れたわ。

漫画と全然ちゃうかった。
「俺が信長だったのか〜」で終わると思ってたのに、信長すら話題に出てこなかったわ。

古い作品なんだけど、映像はきれいだった。
武器が新しくても、数で責められたら負けるのね。
そう、数で攻める。
むしろ人間の守備は現代のほうが弱い。鎧つけてないから。
弾薬や燃料もね。ないとキツイよね。

評価3・7ぐらいで。
頭の中の消しゴムよりは面白いわ。ジャンル違うけど。
数年経ったら、もう一度観たいと思うかも。
1500円までなら買いたくなるかな。

posted by アンシン君 at 04:14| Comment(0) | 映画感想

2018年11月30日

私の頭の中の消しゴム



先に評価「3・2」で。

感動はあまりない。涙も流さない。
その理由について書くわ。

男が乱暴すぎて引く。
元彼氏が家で嫁さんと話しただけで半ごろしにするんだぜ。
二人が好きになった理由が「外見」だろ。
まあ、確かにそれも大事かもしれないけどさ。軽いんだよね。

今テレビでやってる「大恋愛」ってあるじゃん。
あれは「好きな小説家だから」、「何度もアプローチされて、かわいく見えてきたから」みたいな理由があるんだわ。
二人ともそこそこいい歳で、美男美女ってわけでもないし。
だから親近感があるのね。感情移入できるわけ。


出会いのきっかけがあまりいい感じでない。
コンビニね、ラストシーンでのコンビニはギャグかとw

ラストの手紙はなんで出せたの? って感じだったわ。
あれって代筆なのか? ポスト投函したのも本人?
書いた理由もわからん。探さないでって書いときながら、住所書いてんだろ。
あと、記憶戻ったの? 最後のほうって排泄もできないし、服も着られないぐらいの状態だったはずなのに、普通になってるんだわ。一時的な回復? どうもあやふやなまま終わった感じがするぜ。BGMでごまかした?

男が思い出し怒りで、手を自傷する。

男がお姫様だっこしすぎる。

男の最初のワイルドさは良かったが、次第に薄れていく。
女に魅力を感じない。ちょっとかわいい金持ちのお嬢様設定。
うん、女の魅力がねーわ。男に甘えてる感、父親に甘えてる感が強すぎて、好きになれない。


――というツッコミはあるが、まあまあ楽しめた。悪くない。
だが、同じ韓国映画なら「オールド・ボーイ」をオススメする。
記憶系の恋愛映画なら「50回目のファースト・キス」のほうが面白くて、後味もいいな。

俺の一番好きなところはトランプのシーンだ。
「犬でも当たるよ。○○にはおかず代の1000ウォン、○○にはタバコ代の1000ウォン。稼いでね〜、賭けてね〜」
みたいなシーンが4回ぐらい出るんだわ。
あれ、めっちゃ好き!

リズム感があるんだよ。あれ聞いてて楽しいわ。俺もやりたくなった。


まとめ
私の頭の中の消しゴムは「犬でも当たるよ〜」のシーンに注目すべし!

posted by アンシン君 at 10:55| Comment(0) | 映画感想